バラの育て方のポイントは肥料の選び方にあり

バラの育て方のポイントは肥料の選び方にあり

薔薇

休眠期の肥料のあげ方

バラを育てるにあたって休眠期に肥料を与えることは重要です。バラの休眠期は1、2月頃であり、この時期に肥料を与えておくと春になって芽や葉が出てくるようになった頃に肥料が効き始めます。有機肥料を与えるのがベストですが、3月頃に肥料を与える育て方をする場合は即効性のある化学肥料を与える方がよいとされています。また、肥料を与える際に土を適度に掘って柔らかくすることでバラが育ちやすくなります。

生育期には追肥をあげる

バラの生育期は4月から11月頃とされており、この間にも追肥として肥料を与える必要があります。肥料を与える間隔は気候などの条件にもよりますが、基本的に1週間に1、2回程度のペースで少しずつ与えるとバラが育ちやすいとされています。バラは育てるのに失敗しやすい花なので定期的に追肥をすることがとても重要です。

手作りで肥料を作ってみる

バラに与える肥料は市販されているものでも構いませんが、手作りで作った肥料を与えるとよりバラがしっかりと育ちやすくなりますので、できるだけ良いバラを育てる場合は手作り肥料を作る必要があります。必要となる基本的な素材は牛や馬の糞などが原料の堆肥、油粕、骨粉、草木灰などであり、これらを混ぜ合わせることで手作りの肥料を作ることができます。特に難しいこともなく簡単にできるのでオススメです。

有機肥料がおすすめ

バラに与える肥料は化学肥料よりも有機肥料の方が望ましいとされています。有機肥料は苗だけでなく土の栄養にもなり土壌環境を良くする効果もあるのでバラを育てる上でもとても有効です。

長期間か短期間かで肥料を選ぶ

バラを育てる場合は有機肥料を用いて長い期間をかけて育てるのがベストですが、もしも短期間でバラを育てなければならない事情がある場合は効き目に即効性のある化学肥料を与えるのが良いとされています。

広告募集中