バラの育て方で重要となる害虫や病気対策を知ろう

バラの育て方で重要となる害虫や病気対策を知ろう

バラ

うどんこ病の対策方法

バラの葉やつぼみに白い粉状のものがついているのは、うどんこ病です。
この病害は空気感染しますので、一気に広がってしまいます。
真夏の高温の時期には少なくなるようですが、初夏や秋口の雨が少なく、曇りの天気が続くような時期は発病しやすい傾向にあります。また、葉が繁り過ぎなどで風通しが悪いと発病しやすいです。
剪定をして、日当たりや風通しをよくしましょう。
肥料は与え過ぎないように気をつけましょう。与え過ぎると葉が多く育ってしまい、発症しやすくなります。
気をつけて育てていても発病してしまう時もあります。早期発見できれば対処できます。
発病した枝や葉、落ち葉は早めに取り除き、酢水でカビを洗い流すようにスプレーします。これをカビが出なくなるまで数日繰り返しましょう。

黒星病の対策方法

黒星病はバラ特有の病害で、名前の通り、葉にシミ状の黒い斑点が出ます。
発病してしまうと葉が黄変し、どんどん落ちていき、生育が著しく衰えてしまいます。
水やりの際の泥はねで感染するので、水やりは、しずかに株元に与えるようにしましょう。また、雨の多い時期に発病しやすいので、雨や水やりの跳ね返り防止にマルチングしておくのも予防になります。
発病してしまったら、病気になってしまった部分や落ち葉を取り除き、殺菌剤をムラなくすみずみに散布します。病原菌に抗体を持たれないよう、数種類の市販薬をローテーションで使用すると効果的です。

灰色かび病の対策方法

バラの花びらに小さな斑点が出た後、灰色のカビでおおわれるようになったら、灰色かび病の疑いがあります。
肥料が少な過ぎたり水不足だったり、バラが弱ってしまうような育て方をしてしまうと発症しやすくなります。
発生前にエムダイファー水和剤を、ムラなく散布すると発症しにくくなります。
発病してしまった時は、発病部分や落ち葉をこまめに取り除きましょう。そのまま放置してしまうと、周囲に感染してしまう上、病原菌が土中で越冬します。春になると胞子が飛散してしまって、翌年も病気になってしまいます。

広告募集中